お墓にかかる費用とは

お墓にかかる費用って総額いくらくらいになるのか? - お墓にかかる費用はどれくらい?

お墓にかかる費用はどれくらい?

霊園に自分のお墓を建てるのには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。今回は、お墓に必要な費用を品目ごとに紹介します。

墓石費用

墓石の料金は、石の種類と量で「材料費」が決まり、これを加工する「墓石加工費」、またこれを霊園に設置する「施工費」の合算になります。
石には国産だけでなくいろいろな国から取り寄せたいろいろな種類があり、そのグレードにより材料費には大きな振り幅があります。
家名/題字や題目/建立者名/建立日など「基礎彫刻」が費用に含まれることは多くありますが、戒名は別途、二人目以降別途など、細かく決められています。

永代使用料

お墓の土地部分を代々永続的に保持する権利、「永代使用権」の取得費用を「永代使用料」といいます。要するに土地の費用ですから、持ち主の生死、墓石などセッティングの如何に関わらず、土地を取得した時点で発生します。料金は土地代だけに50万円未満から200万円以上という大きな振り幅がありますが、全国的に平均はおおむね77万円になっています。

管理費

管理費は施設の維持、および参道整備/水道設備/駐車場/緑地/墓地清掃などの運営管理に充てられます。
公営霊園は自治体が運営するので年間何百円で済むケースがありコストパフォーマンスとしては最強になります。民営霊園は年間5,000円〜15,000円あたりが相場の様で、郊外よりも都市近辺は高額になる傾向があります。寺院墓地は寺院へのお布施などいろいろ含まれることから年間6,000円〜25,000円程度というように高めの設定になっていますが、そのぶんいろいろな相談に乗ってくれます。

その他のランニングコスト

hgmhy
その他、遺骨をお墓に修める際に石材屋さんに支払う「埋葬手数料(1〜3万円)」、お坊さんへの御車代、法要施設の利用料金といった費用が必要になります。
お墓の引越しは「改葬」と呼ばれており、ひとつのシステム化がされています。現代では、子孫が先祖代々の家を守り抜くというスタイルが当たり前ではなくなってきていますから、先祖代々のお墓があまりにも遠くなってしまってお墓参りが大変になってくることもあり、この改葬もレアケースではなくなってきました。今回はこの改葬について紹介します。

改葬の二つの手続き

改葬は自由にできる訳ではありません。移転元や移転先での承認を得るほか、お墓やお骨を勝手に移動することが法律で禁止されていますので、自治体の手続きを経る必要があります。またお墓から魂を抜き、新しいお墓に魂を入れるという供養も必要になりますから、お坊さんにその手続きをお願いする必要があります。またこれまで使っていた古い墓石をそのまま使えるとは限りません。墓石の引っ越しを受け入れてくれる霊園がありますので、これが必須という場合にはしっかり調べておきましょう。

改葬にかかる費用

改葬にはかなりの費用が必要となるようですが、ここでどんなところにお金がかかるのかを紹介します。第一に魂を移す供養のためにお坊さんにお礼を支払います。墓石を引っ越すのならその撤去費や移動費、設置費がかかり、改めて墓石を購入するのならその費用がかかります。いずれにしても元々のお墓は更地にしなければなりませんので、墓石撤去料と回復の際の工事費がかかります。移転元の永代使用料は返還されず、移転先で新たに永代使用量を支払う必要があります。
以上を考えると、元々のお墓を更地に戻す分だけ、新規にお墓を買うよりも費用がかかってしまいます。

遠くのお墓をどう見るか

以上のように大変お金がかかることが想定されますが、遠くまでお墓参りにいく手間と経費とのバランスになることでしょう。

アーカイブ

霊園

更新情報